バックナンバー(もっと見る)

マダムゆずの「食を伝えたい」【購読無料】

2014年7月号 Webマガジンvol.23

レシピ『宇佐のあんなしいぜもち』

2014年07月11日 11:52 by madameyuzu
「いぜもち」とは、ゆでた餅のことです。宇佐地方に伝わるいぜもちは、小麦粉をねってみとりあんを包み茹でた餅のことで、ゆでることを「いぜる」ということから、この名前が付いたといわれています。
昔、田植えや稲刈りなどは、隣近所で協力しながら行っていました。その農作業中のこびり(小昼・おやつのこと)として、蒸かしまんじゅうよりも手軽にできるいぜもちが作られていたといいます。
地区全体の田植えが終わると「のろよこい」がありました。
のろ(泥)から上がって休むという意味で、この日は農作業を休んでご馳走を作り、無事に田植えが終わったことを感謝しました。この時にもいぜもちを作っていたといいます。

 今回は~あんを入れないいぜもち~をご紹介します。

 


 

レシピを見る

↓↓↓


この続きは無料購読すると
読むことができます。

関連記事

レシピ『ふつだご』

2015年3月号 Webマガジンvol.40

レシピ『がん汁・がに汁』

2015年3月号 Webマガジンvol.39

レシピ『にぐい』

2015年2月号 Webマガジンvol.38

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)