バックナンバー(もっと見る)

マダムゆずの「食を伝えたい」【購読無料】

2014年9月号 Webマガジンvol.27

Webマガジン「食を伝えたい」

2014年09月24日 18:05 by madameyuzu

先日までは、この夏の異常気象が気になっていました。農産物も日照不足や長雨で、生育が思うように進んでいない印象を受けていたのですが、それに加えて、この季節の移り変わりはますます、農業にも大きな被害をもたらすのではないかと危惧しています。お米など今年は収量が心配です。お天気ばかりは、ご苦労されている農家の皆様の努力ではどうにもならないものです。そういうときもある、それですまされないこともあるのは充分わかっていますが、どうか頑張っていただきたいと思っております。

ただ、私たちにとって秋は実りの時、うれしくなるものです。栗や、さつまいも、むかご、青みかんも出てきます。新米がたくさん並んで、炊き込みご飯のおいしい時期になりますね。秋刀魚を焼いてかぼすを添えた絵を想像するたびに、秋の自然の恵みに感謝して食べることのありがたさを感じたいと思います。そういう「身近にある食を見直す」ことは、私の夢であり目標である「大分の食をニューヨークで・・・」というテーマでもあります。母金丸佐佑子の長年の思いでもあります。このWebマガジンは、「食」を切り口にして、人と人をつないだり、人と産品をつないだり、産品と産地をつないだり、そんなことを中心に活動しながら、大分県宇佐市で長いこと伝承食を研究している母金丸佐佑子の教えを伝承するべく、さまざまなことをお伝えしていきたいと思います。どうぞ皆様からの応援ご意見等もお待ちしています。

 

~今号のメニュー~

 

「旬のゆずごしょう」講座開催 

    スゴベジ編/坐来大分編/シェフコラボ編

『食生活』、『豆類時報』


この続きは無料購読すると
読むことができます。

関連記事

Webマガジン「食を伝えたい」

2015年5月号 Webマガジンvol.42

Webマガジン「食を伝えたい」

2015年4月号 Webマガジンvol.41

Webマガジン「食を伝えたい」~前編

2015年3月号 Webマガジンvol.40

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)