バックナンバー(もっと見る)

マダムゆずの「食を伝えたい」【購読無料】

2013年10月号 Webマガジンvol.5

マダムゆずが語る『柚子物語』その5

2013年10月18日 12:55 by madameyuzu

 

 

さて、ゆずごしょうの話を連続してお伝えしてきましたが、今回は今年開催してきた30回のゆずごしょう講座のことをお伝えしたいと思います。

前回もお伝えしましたが、私はフランスのシュバリエでもあるESqUISSE(エスキス)のリオネル・ベカ(Lionel Beccat)氏に「マダムゆず」と名づけていただきました。このことをきっかけに、柚子をもっともっと極めようと思いました。何しろ名づけ親は星をもつシェフですからね。「ゆずごしょうのことならマダムゆずに聞けば大丈夫。」そう言われるようになりたいと思ったのです。そのためには、一人でもたくさんの皆さんと接すること、旬の中で時期を違えて作ってみること、作り方や食べ方のいろいろな質問を受けてお答えしていくこと、毎回味をみて確かめること、などなどの経験を積みかさねてスキルを上げることでしかできないと思ったのです。だいたい旬が1ヶ月とお伝えしながら30回とは無謀とは思ったのですが、一日に2回、3回をこなすことで終えることができました。今回経験したこの講座は私の財産です。確かに楽なことではありませんでしたが、だからこそ得るものも大きかったと言えるのかもしれません。


 

リオネル・ベカ(Lionel Beccat)氏

1976年フランス、コルシカ島生まれ。南フランスのマルセイユで育ち、20 歳を過ぎて料理の世界に入る。
1997年ミッシェル・トロワグロのブラッスリー「ル・サントラル」で働き、ミシュラン一ツ星レストラン「ギィ・ラソゼ」「ペトロシアン」で料理の腕を磨く。
2002年から4年半、三ツ星レストラン「メゾン・トロワグロ」でセカンドシェフを勤める。
2006年ミッシェル・トロワグロより、東京にオープンの「キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ」シェフに任命され来日。5年半同店のエグゼクティブシェフを勤める。
2011年フランス国家農事功労賞シュヴァリエ授勲。
2012年「レストラン エスキス (ESqUISSE)」シェフ・エグゼクティブに就任。2012年オープンと同時にミシュラン二つ星獲得。

 


Restaurant ESqUISSE(レストラン エスキス) | レストラン エスキス
http://www.esquissetokyo.com/




続きを読む

↓↓↓




この続きは無料購読すると
読むことができます。

関連記事

Webマガジン「食を伝えたい」

2015年5月号 Webマガジンvol.42

Webマガジン「食を伝えたい」

2015年4月号 Webマガジンvol.41

Webマガジン「食を伝えたい」~前編

2015年3月号 Webマガジンvol.40

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)