バックナンバー(もっと見る)

マダムゆずの「食を伝えたい」【購読無料】

2014年8月号 Webマガジンvol.26

レシピ『盆鱈と干し筍の煮しめ』

2014年08月22日 13:54 by madameyuzu
日田の盆料理に欠かせない盆鱈(ぼんだら)

タラのエラと内臓を干した鱈胃(たらおさ)と干し筍と一緒に甘辛く煮付けた料理で、盆料理は精進を建前としますが、盆鱈だけは別で、昔からどの家でも必ず作られてきました。
内陸部の日田では、昔は海の魚が手に入りにくく、たとえ干物であっても貴重品だったため、お客が集まるお盆にご馳走として出されていたのではないでしょうか。
タラは北海道などで揚がる魚で鮮度が落ちやすいため、身は干して棒ダラに、エラと内臓が鱈胃に加工され、運ばれました。遠い北国の魚がなぜ大分日田で欠かせない食材となったのかは不明です。

 

 

 

レシピを紹介

↓↓↓


この続きは無料購読すると
読むことができます。

関連記事

レシピ『ふつだご』

2015年3月号 Webマガジンvol.40

レシピ『がん汁・がに汁』

2015年3月号 Webマガジンvol.39

レシピ『にぐい』

2015年2月号 Webマガジンvol.38

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)